• 販売店様募集
  • スタッフブログ
  • twitter
  • facebook
  • オンラインストア
  • お問い合わせ
  1. トップページ ›  スタッフブログ › 2011年6月

スタッフブログ:フリルネックU.T.E.に関するあれこれ

紫外線対策キャップのお手入れ(洗濯)の仕方

2011年6月23日

こんにちは、スタッフの皆見です。

フリルネックU.T.E.は基本的に日差しが強い時にかぶること前提ですので、汗や皮脂による汚れが気になりますよね。

お手入れ方法は下記をご参考ください。

・手洗いがベストですが、洗濯機でも可能です。
・洗濯機使用時はデリケートアイテム用にセットして使用してください。
・洗濯機使用時はネットに入れて使用して下さい。
・洗濯後、形を整えて日陰で干してください。
・漂白をしないでください。
・乾燥機は使用しないでください。
・アイロンは使用しないでください。
・ザラザラした面に置いたりこすったりしないでください。
・ドライクリーニングはしないでください。
・濡れたままで保管しないでください。

僕は洗濯機でネットに入れてからデリケート用で洗っていますが、特に問題はございません。

普通のキャップであれば型崩れが気になるのですが、フリルネックU.T.E.はほぼ平面の布を頭にかぶせて、バンドで巻いて形をつくっている状態ですので、そもそも崩れようがないのです。

img_frillneck_function_0001_big.jpg

丁寧に手入れして、長く使っていただきたいものです。


あらゆる角度からから紫外線を防ぐ

2011年6月22日

こんにちは、スタッフの皆見です。

紫外線は人体に様々な悪影響(皮膚の老化によるシミ・しわ、皮膚がん、白内障etc)を及ぼしますが、対策としてはとにかく肌を隠して紫外線を浴びないことが一番効果的と言われています。

紫外線は太陽から直接浴びるものが一番強いですが、実は、地面や建物に反射したものや空気中の分子に当たって散乱したものもありますので、本当は上からだけではなく、横から、下からもカバーしてあげるのがベストなんです。

fn_0622.jpg

このかぶり方はほぼ完ぺきですが、人前ではなかなか抵抗あるかもしれません、、、視線までは防げませんので、、、。
ま、ここまでしないまでも、サングラスや日焼け止めなどと組み合わせながら「紫外線を浴び過ぎない」ようにすることが大事ですね。

天気やアクティビティに合わせていろんなかぶり方が可能なところがこの帽子の特徴でもあります。

UPF(紫外線保護指数)って?

2011年6月21日

こんにちは、スタッフの皆見です。

UPFとは、日焼け止めクリームなどに表示されている、SPF50+やPA+++などと同様に『繊維製品』の日焼け防止指数として用いられているものです。
以前は紫外線遮蔽率が一般的でしたが、最近ではUPF値も使われるようになりました。

このUPFはUV Protection factorの略でして、和訳すると『紫外線保護指数』です。
UV対策先進国である、オーストラリア/ニュージーランドが定めた基準となります。対する紫外線遮蔽率は日本が定めた基準のようですね。

数値別の保護能力はよく下記のように表されますが、

「UPF15~24+」=「Good(良)」
「UPF25~39+」=「VeryGood(優良)」
「UPF40~50+」=「Excellent(優秀)」

いまいち分かりづらいですよね・・・。エクセレント!と言われましても。

具体的な数字で示しますと、素肌のまま20分程度で肌が赤くなる紫外線量を想定した場合、

UPF20+の場合は20倍の約7時間、
UPF30+の場合は30倍の約10時間は日焼けを防ぐ効果があるとのことです。

05211812_4dd781f9bf4f9.jpg

最近では、紫外線(UV)カットを強調しておきながら実はほとんど効果なしという残念な商品も多く出回っているそうですから、ご購入の場合はUPF値や紫外線遮蔽率がきちんと表示されている商品をお選びくださいね。

それでは、またお役に立てそうな情報があれば投稿します。

インターネットでのお買い求めはコチラ「オンラインストア」「楽天」 お電話でのご注文はコチラ【フリーコール】0120-933-521【FAX】087-840-3612